薄毛の女性はヒゲも薄くなるのか?【薄毛とヒゲの不思議な関係】

薄毛の女性はヒゲも薄くなるのか?

男性は薄毛人口が多く、ムダ毛は剛毛という特徴があります。女性はその反対であり、薄毛になりにくくムダ毛は薄いのです。ただし、あくまでこれは傾向であり、個人差は大きく関係してきます。

 

男性ホルモン分泌の多い女性だと、かなりヒゲが濃くなるケースもあります。口周りのヒゲが気にある女性は、シェービングをする頻度が必然的に多くなるので、肌を乾燥させやすいと言えるでしょう。

 

肌乾燥はバリア機能を弱くさせるため、早めに改善していく必要があります。そこで役立つのが保湿ケアですが、保湿を徹底しても肌が弱くなっている以上は十分な効果は出ません。肌を弱くする要因がシェービングにある以上は、シェービングから解放されないと意味がないのです。

 

シェービングの頻度を減らしていくなら、まずは抑毛作用のあるノイスの使用をおすすめします。ノイスは低刺激タイプなので、毎日のケアに適しています。大豆イソフラボンが含まれているので、段階的にムダ毛を減毛していけるでしょう。

 

ある程度気にならないレベルになったら、シェービングの回数を減らせるはずです。イソフラボンはホルモンバランスを調整してくれるので、男性ホルモン分泌が多くて悩んでいる女性に最適な成分です。

 

 

女性のひげの悩みを解消させる

ひげに悩まされている女性は多いのではないでしょうか。私もその一人です。私の場合は35歳を過ぎた頃から悩まされるようになりました。ホルモンバランスの乱れが原因であると自覚しています。

 

毎日のように剃ったり抜いたりなどの処理をしなければならない、ファンデーションののりが悪い、見た目の悪さに影響してしまうなど悩みは尽きません。私は口の周りが乾燥しやすいので、処理をすることでさらに乾燥が進んで肌トラブルを引き起こしてしまうという問題もありました。

 

そこで取り入れたのがノイスです。私がノイスを取り入れた理由は、スキンケアしながら女性のひげをなくすことができる、配合されている成分が魅力的、口コミの評判が良いので信頼できるなどがあります。

 

実際に使ってみたところ、私の悩みは見事に解消されました。ひげはほとんど目立たなくなり剃ったり抜いたりなどの処理も不要になりました。それだけではなく、肌のうるおいやハリや透明感もアップして美肌に導くこともできました。

 

ノイスでケアをする前に比べて肌のコンディションは格段にアップしましたし、ファンデーションののりも良くなりました。とても嬉しかったです。これからもノイスで積極的にケアをしていきたいです。

 

⇒ヒゲジョおすすめのノイスはこちら

 

 

口周りの産毛を薄くするには

口周りの産毛を薄くする方法はいくつかあります。

 

まずは抑毛効果のあるスキンケアクリームです。今では多くの種類が販売されていますが、顔専用を見つけて、口周りの産毛に塗って薄くする努力をしましょう。
こういった化粧品には女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれていますので、毛穴から毛根に直接働きかけて、小さくしてくれます。

 

だから、すぐに口周りの産毛を薄くすることはできないのですが、美肌も一緒にしてくれます。
もし顔剃りや永久脱毛などで解決しても、美肌のため、更年期予防でずっと使い続けている人もいるようですよ。
口周りの産毛が濃くなったり、薄くしたりすることができるのは、ホルモンバランスに関係があることがわかってきました。
しかも、ホルモンバランスが崩れたときに女性にひげが生えることもクリアになってきました。

 

さらには、ホルモンバランスがくずれ、ひげが生える女性は、過度のストレスを受けていることも調査でわかってきています。
つまり、過度のストレスでホルモンバランスがくずれ、女性であるにもかかわらず、ひげが生えてきているのです。
女性でひげなんて信じられない!と思う女性はまだラッキーな方だと思ってください。

 

なぜなら、働く女性の半分以上がひげを自分で処理していると回答しています。
しかも、過度のストレスがあり、ホルモンバランスが崩れていることも認識しながら働いているのです。
意外に思われるかもしれませんが、女性ホルモンは男性の体内においても分泌されています。

 

女性ホルモンと聞くといかにもひげを薄くしてくれそうですが、実際にひげと女性ホルモンの関係を正しく把握しているか?と尋ねられると自信がない人の方が多いと思います。

 

要するに、大切なのは“バランス”であるというわけですね。ところが、今の過度なストレス社会で働く女性は、この絶妙なホルモンバランスが崩れてしまっているのです。
つまり、女性ホルモンの分泌量が急激に減少した場合、男性ホルモンの方が圧倒的に優位になってひげが生えます。

 

だから、ひげを薄くするにはホルモンバランスを元のバランスに戻してあげるような生活習慣にするのです。
女性ホルモン補充点滴で(クリニックで)、食品として取り入れる(大豆製品に含まれるイソフラボンなど)。

 

ストレスから解放される時間を増やす。でも、それができないから、口周りの毛が増えてしまったという女性はいるでしょうね。
本当に男性並みになっている人は、医療脱毛かエステサロンに通うことも視野に入れてくださいね。

 

⇒ヒゲジョおすすめのノイスはこちら

 

 

口周りの産毛を抜くのはNG

口周りの産毛を自分で抜くのは絶対にNGです。もしどうしても抜くというのであれば、プロのお任せしてしまいましょう。

 

なぜなら、口周りの産毛は顔の中心でもあります。毛抜きは肌や毛穴を傷つけやすく、刺激を与えてしまい毛包炎になることもあるのですよ。
毛包炎ってわかります?毛穴に雑菌が入って、吹き出物のように大きく腫れあがって膿がたまるのです。
そのあとは色素沈着することもあり、女性の顔が傷ついてしまう可能性もあり、とっては危険です。

 

ひげに限らず、ムダ毛の処理で一番してはいけない方法だと言われているのが、毛を抜くという行為なのですよ。
ましてや口周りの産毛を抜くなんて、とんでもないことなのです。しかもとても痛そうですよね。
また、肌への負担も大きいので、肌が荒れやすくなってしまうこともあります。

 

女性の口周りの濃い産毛は最近ではごく普通のこととして受け止められていて、シェーバーなどもかなり普及してきましたよね。
でも、みなさん実は生えてきた産毛を剃るということでは満足していないようなのです。なぜなら数日したらまた生えてくる。

 

それが濃くなって生えてくる。いつまで剃り続ければいいの?という不安と、敏感肌になってしまって、化粧品が限られてくるようになったという人もいます。
だから、女性の口周りの産毛の自己処理は大変危険なのです。

 

もし時間をかけて薄くするのが我慢できる程度なら「抑毛剤」を使用する方法があります。
抑毛剤にはたくさんの種類があり、女性ホルモンが入っているもの。

 

保湿も一緒にしてくれるスキンケアクリームや、商品によっては顔以外使用可能なローションタイプのものがあります。
だから、顔用の「抑毛剤」もしくはクリームはなかなか貴重で良いと思います。

 

クリームタイプの商品があり、気になる部分に塗ることで毛を薄くすることが出来ます。
カミソリなどで剃る回数が減ることで、肌への負担が軽減出来ますので、シェービングと両方でリスクを低く抑えることができますね。

 

上記の方法と女性ホルモン分泌を促す生活習慣を気長に続けられるほど、産毛ではない、メイクで隠せないなどの悩みがある女性は、永久脱毛を考えましょう。
医療脱毛とエステサロンがあり、病院とエステサロンの違いですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

是非よく吟味して後悔のないように、無料カウンセリングを受け、納得してから施術をするようにしてくださいね。
そうすれば、お得、時短、手間、不安、お肌の状態など、いろんな角度からチェックしてみて、自分に一番合ったところを選んでくださいね。

 

 

【こちらも一緒にどうぞ】女性のひげクリーム「ノイス」は陰部にも効果があるのか検証してみた