顔の産毛処理は中学生でもやっている

顔の産毛処理は中学生でもやっている

顔の産毛処理は今では中学生でもちゃんとしているそうです。週末にはメイクして遊びに行くという中学生もいるほどです。
顔の産毛処理はいくら中学生でもやっていて当たり前だそうです。

 

中学生ぐらいになると、ホルモン分泌が盛んになり、顔の上に分泌される皮脂も多くなります。
そこで、ちゃんとした処理方法の知識がないままに顔剃りをしながら中身のわからないローションなどでケアしていると、公開することになるかもしれませんね。

 

改めて書きますが、思春期はホルモン分泌が盛んで、中学生ぐらいなら、皮脂も盛んに分泌されて、顔の産毛よりニキビの方が気になるのでは?と思います。

 

でも、産毛処理をすることで、顔の上のごみも一緒に取り除いてくれるので、毛穴に古い細胞がたまることがなく、ニキビができにくくなることもあるといいます。
沖縄みたいな南国は、小学生の女子でも鼻の下にひげがびっしり生えているけれど、中高生になるとそういう女性はいないとのことでした。
女性は中学生からすでに大変です。

 

ニキビも気になるでしょうが、ムダ毛処理も気になる。恐らく顔だけではなく、脇や脚、腕など多くの部位で、カミソリで処理しているかもしれません。
ずっとそれを続けると、やはり顔のお肌のバリア機能は弱りますから、さらに顔は皮脂を分泌してニキビが発生します。

 

最初は古い角質をとってくれて、ニキビができにくいつるつる肌になるかもしれませんが、繰り返すうちに、バリア機能がなくなってくるのです。
そこにカミソリを当てると、状況は悪化しますので、できれば電気シェーバーを使って顔の産毛処理をして欲しいと思います。

 

ただし、中学生ぐらいなら、肌のターンオーバーも確実にサイクルしており、古い細胞が顔の上でとどまるということはなさそうなので、ずっと黒ずみが残るとは思えません。

 

もし部活などをしている中学生であれば、恐らく汗もたくさんかいて、新陳代謝が良いので、少々カミソリでそってメラニンが出来ても、部活の日焼けに比べたら、わからないぐらい薄いものかもしれませんね。

 

もし、自分の子供はちょっと男性並みに脚や腕、顔に毛が生えてきていると思ったママは、多毛症という病気もありますので、病院に行くことも考えてあげてください。

 

ただ、自分の子供が中学生で、顔の産毛が濃いなと思っている母親がいたら、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを買ってあげて欲しいと思います。
剃っていても、それを塗ることにより、だんだんと生えてくる産毛は減っていきますので、剃る回数も少なくなります。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?