顔の産毛をレーザー脱毛してみよう

顔の産毛をレーザー脱毛してみよう

顔の脱毛は光脱毛かレーザー脱毛かどっちがいいと思いますか?価格ではレーザー脱毛が高いというイメージですが、本当に顔の産毛を完璧になくしたいと思えば、レーザー脱毛の方が確実に永久脱毛となります。

 

なぜなら、永久脱毛でも、エステサロンの顔の産毛脱毛は光照射となり、レーザー脱毛よりも少し弱い出力となりますので、細くて短い顔の産毛にはなかなか反応しずらく、効果がでないこともあるそうです。

 

全身の中で人の目に触れる顔の産毛って一番気になりますよね。でも一方で自己処理が面倒くさい。カミソリ負けして肌がボロボロ。もう脱毛してキレイさっぱり解放されたい!!とお嘆きの方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、人の目に触れ、とってもデリケートな顔脱毛はサロンの光脱毛?それともクリニックでレーザー脱毛?どちらの方法が良いのでしょう?今回は光脱毛・レーザー脱毛について徹底的に調べていきたいと思います。

 

そもそも光脱毛とレーザー脱毛は何が違う? そもそも脱毛に種類があるなんて、知らなかった方も少なくないのではないでしょうか。まず、光脱毛とレーザー脱毛の違いについて細かくご説明していきたいと思います。

 

まず一般的な脱毛サロンで使われているものを光脱毛と言います。サロンによってはIPL脱毛・SCC脱毛と様々な呼び方をされていますが、これもすべて光脱毛なのです。じゃあ、IPL脱毛・SCC脱毛って何なの?と疑問を抱きますよね。これらは光脱毛の種類の呼称なのです。照射する光や、扱っているジェルが違うのですね。

 

光脱毛は医療機関で行われているレーザー脱毛に比べて照射パワーが弱く設定されています。だから、痛みも少なく脱毛することが出来ます。しかし照射パワーが弱めに設定されている光脱毛では、施術回数が医療レーザー脱毛に比べると多くなります。

 

光脱毛のメリットは、各サロンでキャンペーン等行っていることも多く、価格設定も医療レーザー脱毛に比べリーズナブルです。

 

一方、レーザー脱毛は、医療行為に当たるので、一般的なサロンでは行うことが出来ません。つまり、皮膚科や美容クリニック等医師が常駐している医療機関でのみしか施術できません。

 

光脱毛と比べると、レーザー脱毛の方が光のパワーは強く毛根を焼き切るので永久脱毛が可能になります。しかし、光脱毛に比べ照射パワーの強いレーザー脱毛では施術時に痛みを伴います。通院回数は脱毛サロンより少なく済み、脱毛効果が出てくるのが早いようです。また、リーズナブルな脱毛サロンに比べると料金はややお高めです。

 

と、二つともメリットもデメリットもありますので、自分の肌に合った方、ライフスタイルに合った方を選ぶのが一番長続きして脱毛が完了するのです。