顔の産毛なら床屋でシェービング

顔の産毛なら床屋でシェービング

顔の産毛なら床屋でシェービングしてもらうのが普通でした。というのは、昔の話です。
以前男性が床屋に行くたびに蒸しタオルとシェービングクリームを使って、床屋で顔のひげや産毛を綺麗に剃ってもらっていました。

 

つまり、床屋ならカミソリを使ってひげや産毛を剃ることにかけてはプロですので、床屋で顔の産毛を剃ってもらうという方法があります。
でも、女性が床屋に行くのもなんだか恥ずかしいし、今どき床屋というのがあまり存在しないので、似たような方法で、自宅でやってみませんか?

 

つまり、蒸しタオルとシェービングクリームを使って、自宅で顔の産毛を剃るのです。
顔の産毛処理を自宅でするなら、蒸しタオルを使って毛穴を十分開いてすることが基本だそうです。

 

つまり、お風呂あがりの毛穴の開いた清潔な肌で剃るか、そうでなければ、顔をクレンジング洗顔した後に、蒸しタオルで毛穴を開かせるのがベストです。

 

話は変わりますが、女性のムダ毛で男性がびっくりするのが「ひげ女」だそうです。
すでに鼻の下の産毛はムダ毛と思われているようですので、脇や脚よりも、真っ先に目に入る顔面の中心にある顔の産毛、ちゃんと処理したいですよね。

 

鼻の下のムダ毛(=ヒゲ)や余分な眉毛は、見た目の女子度が下がるから剃るけれど、それ以外の薄い産毛を剃る必要性はあるのでしょうか?
もちろんありです。なぜなら、化粧ノリが良くなり、日中メイク崩れしにくくなります。

 

それから、お肌の明るさが上がるつまり、1トーン明るく見えるのです。しかも、ニキビ予防効果ありなのです。

 

産毛を処理した直後のお肌は非常に敏感になりますから、朝の顔そりは、紫外線や化粧品によるダメージを増大させてしまうので控えましょう。
ベストタイミングは毛穴が開き、お肌が柔らかくなっている「入浴後」。

 

また、何度も書きますが、洗顔後に2〜3分蒸しタオルを顔にのせてから行うのが基本です。
メイクした状態で産毛を剃るのはNG!雑菌が毛穴や傷に侵入する危険がありますので、絶対にNGとなります。

 

お肌のバリア機能を損なわないように、かならず保湿をたっぷり塗布して、たくさん睡眠をとってください。
そうすることで、お肌が修復してくれたら、次に剃るタイミングでも、ベストな状態をキープできます。

 

顔の産毛を剃ることで濃くなるという人もいるかもしれませんが、実際には毛穴の数は変わりませんので、濃くなることはありません。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?