女性なのに濃い口周りのひげを薄くする方法

女性なのに濃い口周りのひげを薄くする方法

口周りのひげというと男性のイメージが強いものですが、昨今は女性でもそのことで悩んでいる方は少なくありません。
その背景にあるのがストレス社会です。

 

ストレスは女性ホルモンのバランスを崩してしまう要因となりますが、ホルモンバランスが崩れてしまうと、本来、男性特有の濃いひげが女性でも生えてしまうようになることがあるのです。

 

特に女性ホルモンの分泌量が減少しはじめる30代後半から次第に口周りのひげが気になりだしたというのであれば、ホルモンバランスが原因といえるでしょう。
ですので、そんな気になる髭を薄くするには、ホルモンバランスを整えて分泌を促すことが一番です。

 

例えば、大豆イソフラボンなど女性ホルモンに似た作用を持つ成分が配合されたスキンケア商品を取りいれるのも一つの方法です。
またそれだけではなく、ホルモンバランスを乱してしまう原因となる食生活や日頃の生活習慣などを整えることも重要です。

 

このようにして体の内側と外側からケアをしていくことで、濃くなった顔周りの毛を薄くしていくことができるはずです。

 

またそれでも一向に変化が見られない場合は、根本的な部分から対処できる脱毛という方法も検討するとよいでしょう。

 

 

ひげ状の産毛のケア方法が知りたい

顔の肌は人目に付きやすい部分なので、化粧水や美容液を利用して丁寧にケアする女性が多いようです。ですが、スキンケアと同時にムダ毛を綺麗にすることも大切です。

 

頬やひげ、眉間に生えている産毛は、顔色を暗く見せる要因になるからです。さらに、これらの産毛を綺麗に処理すれば、スキンケアアイテムの美容成分の浸透率を高めることも期待できます。

 

ひげのような産毛をケアする方法には、カミソリによるシェービングや脱毛などがあります。シェービングは費用が安く、女性なら誰もがチャレンジしやすいことがメリットです。それに対して脱毛は、ムダ毛のないスベスベの状態を長期間保てることが大きなメリットになってきます。

 

シェービングをする時は、カミソリを使う前後に肌を保湿するように心がけましょう。そうすることで、肌にかかる負担を最小限に抑えることが期待できます。さらに、シェービング後に肌を冷やすことで、腫れや赤みの回復を早めることもできます。

 

脱毛でケアする場合は、日焼けをしないように紫外線対策を行うことが大切です。これは、脱毛時に使用するレーザーやフラッシュが、メラニンにダメージを与えるという性質があるからです。

 

日焼けをすると肌の中に多くのメラニンが生成され、通常よりも脱毛時の痛みが強くなる可能性があるので注意しましょう。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?