顔の産毛処理用電機シェーバー

顔の産毛処理用電機シェーバー

顔の産毛処理なら電気シェーバー派?それともカミソリ派?それとも何もしてない人ですか?

 

まさか顔の産毛処理を今時何もしてないという女性はありえないですよね?ほとんどが自己処理しているとの調査結果ですから、電気シェーバーかカミソリだと思います。

 

でも、顔の産毛処理をするなら、どちらかといえば、電気シェーバーの方がお肌に優しいとなります。
電気シェーバーは微動を繰り返しながら、顔の産毛を立たせて、剃っていきますので、かみそりのように剃り残しができて、再度同じ肌にカミソリをあてることがないからです。

 

しかも、電気シェーバーは、カミソリの刃が極力肌に当たらないように出来ていますので、お肌のバリア機能や表皮を削りすぎるということもありません。
カミソリでずっと顔の産毛処理をしていると、傷ついた表皮から水分が蒸発して乾燥肌になり、シワ、シミの原因となります。

 

まずは、極力お肌にダメージを与えず、きれいにムダ毛を剃るには顔の毛の流れを知っておく必要があります。
顔のムダ毛は基本的に上から下方向に向かって生えています。

 

しかし、口や鼻のまわりなど凹凸が大きい場所はこれに限らないので、まずは自分の毛の流れを観察してみましょう。
剃る時のポイントは毛の流れに沿ってです。決して逆方向に剃るようなことはしないでください。お肌にダメージが発生します。

 

毛の流れに逆らって剃ると一見よく剃れているように感じますが、必要な角質まで削ってしまっている危険性があります。
小鼻周りはシェーバーを縦に持って内から外側へ向かって滑らせると剃りやすいでしょう。ほほの凹凸部分などは皮膚を反対の手で引っ張りながら剃るときれいにそれます。

 

何度も同じ場所を繰り返し行うのはお肌のダメージにつながるので避けてください。
顔の産毛処理をした後は保湿です。すでに肌の亀裂やダメージを受けた部分から水分の蒸発が始まっていますので、かならずたっぷりの保湿をするようにしましょう。

 

もう1つは、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを同時に使うことです。
「ノイス」「パイナップル豆乳ローション」「コントロールジェルME」などです。これらには、女性ホルモン様成分が含まれています。

 

つまり、産毛が薄くなったり細くなり、そして次に生える産毛の周期が遅くなったりもします。
電気シェーバーとスキンケアの両方から顔の産毛処理にアプローチすれば、お肌もつるつる美肌になれますよ。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?